遠い記憶


娘が初恋の彼と付き合い始めて8ヶ月。

何も知らない主人にいつ切り出そうかと思っていましたが、そろそろ…と思い娘に促すとツーショットのプリクラ付きのLINEで報告。

娘には何も言えず、私にくるだろうなぁと思ってたところ案の定、不機嫌な声。

男親って…
めんどくさいですね。
母である私は何度も会ってるので礼儀正しく草食系の彼には好印象で微笑ましく見守っているのですが、男親は違うみたいで終始不機嫌な声。

彼氏が居ても居なくても心配のご様子。

浪人が決定した彼。

お互いがお互いを気遣い、思い合って別れようとした二人。

事情を聞いていると切なくなります。

私達大人が考えている以上にふたりはピュアです。

遠い昔に感じた切ない想い…

思い出して胸がきゅんとしました。

いい人に出逢えたね。
[PR]

by vintage438 | 2013-03-20 18:00 | 日々の記録  

<< 慈愛のまなざし 春の訪れ >>