<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

夏の終わり


今日で8月も終わり。

小学生の頃、夏休みが終わるのがとても淋しく感じた事を思い出します。


b0250907_733032.jpg



b0250907_733191.jpg





今頃は、宿題の自由研究が終わらずに兄を巻き込んでいた頃ですね…。

毎年毎年、今年の暑さは異常だ…
と言うのが口癖になってますが、暑さを倍増させる蝉が鳴く声は例年よりも気にならなかったように思います。

個人的にいろいろな事があって、
とても考えさせられた今年の夏。

8月の最終日を向かえる今、ようやく気持ちが落ち着いてきました。

すべての事を受け入れて、
自分の気持ちに正直になろう。


b0250907_733287.jpg



そう思うと、自然と前に進む事が出来ました。
これまで以上に私に関わるすべての人の幸せを考える自分がいます。

家族、兄弟…etc。

あたりまえの事、あたりまえの毎日がとても大切で愛おしい事なんだと振り返る事ができた今年の夏…

毎日を丁寧に大切に生きていきたい。
年頭に思った事ですが改めて実感しました。

今日はBlueMoonです。
といっても、見た目にはいつもの満月とまったく違いはなく1カ月の間に2度満月が巡ってくることだそうです。

又、「見ると幸せになれる」って言い伝えがあるようです。


b0250907_733337.jpg



こんなBlueMoonが見れたらいいなぁ。

実際はこんなお月様ではないですが、
まわりがほんのりと青くとても綺麗なお月様が見えました。


すべての人がBlueMoonを見て幸せな気持ちになれますように…
[PR]

by vintage438 | 2012-08-31 23:55  

向日葵



b0250907_20195748.jpg



大好きな向日葵の季節。。。
もうじき終わりますね。

先日も書きましたが、私には娘がいます。

夏の暑いさなかに生まれたせいか、明るく元気でまるで向日葵のような性格の娘です。

冬生まれの私とは真逆の性格のせいか行動や考える事には真剣に驚かされますが。。。

そんな彼女も高校3年生となり9月には進路が決まります。

中学生になった頃からクラブの先輩の影響もあり、東京の大学に行きたいと言っていましたが、この時期になり、かなり気持ちが揺らいできているようです。

進みたい方向があまりにも明確で一貫しているので反対する事も出来ず、本人の意思を尊重する事しかできませんが、やはり親としては離れるのは心配です。

一人っ子のせいか、いつも私の意見を聞き、反発しながらも最終的には私の意見に従う彼女。

さすがに進路については私もアドバイスしか出来ません。

自分で決めた事ならたとえそれが結果、後悔する事になったとしても
きっと自分で対処できると思うんです。

幸いにも、中高一貫校なので先生は年の離れたお姉さん、お兄さん(お母さん?おじいちゃん?)のような存在で親身になって相談にのってくれるし、同級生も幼なじみのような存在で親の私以上に彼女をわかってくれる存在で何人ものお友達からLINE(時代ですね)がひっきりなしに入ってきます。



私とは違う性格の彼女。

私とは全く違う人生を送るであろう、彼女ですが
女手ひとつでひたすら無条件に私達兄妹を愛し、見守って育ててくれた母のように

彼女を見守っていきたいと思います。

出来るかな。。。



b0250907_20205533.jpg




b0250907_20211854.jpg

[PR]

by vintage438 | 2012-08-30 20:30 | 日々の記録  

六甲山


先日行った六甲山。


b0250907_20495753.jpg



厳しい暑さの中でも、六甲山は気持ち涼しいので考えると毎年この時期に行ってます。


b0250907_20495817.jpg



山の上は大好きな空がとても近くに感じられます。


b0250907_20495933.jpg




同じような写真ばかり撮ってしまいますが、ついつい空を見上げてしまいます。

顔を上に向けるだけで気持ちが上がるような気がします。


日々の中で自然に触れる事はなかなかないけれどこの空だけは毎日見る事が出来ます。


b0250907_2050099.jpg



b0250907_2050131.jpg



樹々も夏の暑さの中で涼しさを感じさせてくれますね。


六甲山にはイノシシが普通に居るんですね。

あまりにも自然に横たわっていたので、見てきたばかりの剥製だと思っていたら、動いたのでびっくり。


岡本の川べりでひなたぼっこをしているイノシシ親子をよく見かけますが、こんなに至近距離で見るのははじめて。


堂々とした貫禄のあるお姿でした。


b0250907_2050241.jpg

[PR]

by vintage438 | 2012-08-27 20:28  

朝焼け


処暑も過ぎました…

暦の上ではもうすっかり秋です。

外に出るのもうんざりするほどの暑さでしたが、朝晩はすっかり秋の気配を感じます。

仕事を辞めてからすっかり気が抜けてしまって、日にちと曜日の感覚がすっかり抜け落ちてしまいました。

外に出るのも億劫になって、すっかり引き篭もりも板についてきました。

娘にも心配される始末です…

出たくない訳ではなく日焼けをしたくないというのが本音なんですが…。

このままではいけませんね。

朝早く目が覚めた時は、日焼けどめだけを塗ってお散歩する事にしました。


b0250907_17284426.jpg



b0250907_1728452.jpg



家からは少し離れてますが武庫川まで。


朝焼けが綺麗です。


b0250907_17284623.jpg



こんなに早い時間でも武庫川にはかなりの人が歩いていたり、ジョギングをしていたり…
たくさんの人がいます。


この景色を見ると眠っているのが勿体無いですね。


b0250907_17284773.jpg



空気を吸い込むだけで自然を感じられて、とっても気持ちいい。


少し離れてますが時間も出来た事だし、朝早く起きる事が出来たらお散歩に来たいと思います。


b0250907_1728476.jpg



b0250907_17284839.jpg

[PR]

by vintage438 | 2012-08-26 17:00 | 日々の記録  

フィッシュダンス


b0250907_19432975.jpg



b0250907_19433185.jpg




神戸港のメリケンパークに建つフィッシュダンスは1987年に神戸開港120年を記念して設置された世界的建築家フランク・ゲーリーが設計を、同じく安藤忠雄が監修を担当した芸術作品で高さ21mの巨大な鯉のオブジェ…
Wikipediaにはこう書いてます。


友人に久しぶりにフィッシュダンスの前を通った事を伝えると何?フィッシュダンスって…
神戸っ子ならみんなが知ってる…と思いきや思いのほか知らない人が多いのにびっくりしました。

随分お久しぶりに見るオブジェは相変わらずとても大きい。

b0250907_19433144.jpg



オブジェ横のカフェで会うつもりでしたが、イベントがあったようでカフェはclosed。
結局、ホテルオークラのロビーで会う事になりました。

時間を忘れて話し込んでしまいましたがパートナーをお待たせするのは申し訳ないので2時間ほどの逢瀬となりました。

残暑の続く毎日ですが夕方ともなると風もあって山と海に囲まれた元町はとても涼しい。

神戸の元町はとても小さな街で方向音痴の私が唯一迷わずに行ける大好きな街です。


レトロな旧居留地ビル


b0250907_19433257.jpg



b0250907_19433365.jpg



夕暮れも美しい。


b0250907_19433439.jpg



b0250907_19433410.jpg




b0250907_19434317.jpg




近代的なビルとも調和してます。


b0250907_19433885.jpg




しばらく来ない間に新しいお店も出来ていました。

b0250907_19433838.jpg



デンマーク発のジュエリーブランドPANDORA

b0250907_19433912.jpg



b0250907_19433977.jpg



b0250907_19434257.jpg


肌身離さず身につけている大切な大切な宝物のブレスレットがpandoraなんです。
[PR]

by vintage438 | 2012-08-24 19:00 | 宝物  


学生の頃から滝やダム湖がすきです。

水が流れる音を聞くと気持ちが落ち着きます。

私の住んでいる関西には箕面大滝があります。


b0250907_22121193.jpg



b0250907_22121244.jpg



b0250907_22121222.jpg



b0250907_22121369.jpg



まだまだ残暑が厳しい時にはとても涼しい場所ですね。


b0250907_22121479.jpg



箕面は元気な(凶暴)お猿さんがいる事で有名な所なので若干腰がひけてましたが、テレビで見るようなお猿さんに会うこともなくマイナスイオンをたっぷり浴びることが出来ました。


b0250907_22121456.jpg




b0250907_22121575.jpg

[PR]

by vintage438 | 2012-08-22 21:17  

katagami


「KATAGAMI Style― 世界が恋した日本のデザイン」


b0250907_2155062.jpg



最終日の今日、ようやく行く事が出来ました。

型紙…生地を裁断する際に使用する衣服の型を書いた紙という位の知識しかありませんでした。
着物を染める技法のひとつである型染めは19世紀末から20世紀の初頭にかけて、ヨーロッパ各地に拡がった工芸運動、アール・ヌーボーの誕生に大きな影響を与えたということです。
日本を代表する重要無形文化財の伊勢型紙の技法は素晴らしい材料と高い技術が凝縮したとても贅沢な型紙ですね。

食器や家具、ガラス工芸品など見応えのある作品がたくさんありとても見応えのある展覧会でした。
個人的にはルイス・コンフォートのぶどう模様の箱に心を奪われました。


b0250907_2155864.jpg



4階に上がると藤田嗣治などの日本画コレクション。

一昨年、神戸の美術館で観た“小倉遊亀さんの虫篭”

幼女が虫篭をもっている姿ですが、浴衣の色、幼女の肌の色、背景がとても優しい色彩で描かれていて気持ちがほっこり穏やかになる大好きな絵です。


b0250907_12275824.jpg



会場の京都国立近代美術館は上階から見下ろす景色が魅力的。

b0250907_2155124.jpg


平安神宮の赤い鳥居がとても近くに見えます。

駅からの道のりも京都らしい町家の風景や涼しげな川。


b0250907_2155316.jpg



b0250907_2155498.jpg



せせらぎの音に暑さも忘れてしまいます。

こちらに来る時に必ずいただくパスタ。


b0250907_2155567.jpg



有機野菜がたっぷりでとっても美味しいんです。

帰りは又、川のせせらぎを聞きながら河原町まで歩きました。


b0250907_2155650.jpg




春にこちらに来た時にはカモが優雅に泳いでたんですよ。

今日も暑かったので、写真には入れませんでしたが足を水につけて涼んでいるカップルさんも居ました。

東山から河原町まで歩いていると辻利のカフェの前はやはり長蛇の列です。

パスタを食べたばかりでしたが、合流した姫がどうしても食べたいと言うので…


b0250907_2155770.jpg



お約束の抹茶ソフトクリームをいただきました。
とっても濃厚なお味でお腹がいっぱい。
[PR]

by vintage438 | 2012-08-19 20:24 | Art  

届きました。


しばらく万年筆病から遠ざかってましたが今年の春にプラチナセンチュリーの超極細が素晴らしい万年筆だと、とある方から紹介していただき、ネットで検索したもののその時点では既に万年筆は完売。

日本橋の三越にも丸善にもなくて銀座の伊東屋でダメもとで聞いて見るとさすが伊東屋…
ありました。


b0250907_22113226.jpg



ハートホールが愛らしいプラチナセンチュリー。

とても書きやすくてヘビロテしてたのですが、やっぱり黒軸の万年筆は味気ないんです。
書いていても気持ちが弾まない…

たまたまFacebookで知り合った蒔絵作家さんの個展に伺った時にお話したら万年筆に蒔絵をしていただける事になりました。

いろいろ好みをお話して、
可愛らしく万年筆全体にハートを散らすデザインにしていただきました。

お忙しい方なのでお願いするのも申し訳なかったのですが、お仕事の合間に加工していただいてようやく私の手元に帰ってきました。


b0250907_2211338.jpg



加工している工程も何度かMessage&写真をいただけて出来上がるのを心待ちにしていました。
届いた万年筆は可愛らしく、とても華やか。

持っているだけでとてもわくわくします。

どうもありがとうございました。

大事に使わせていただきますね。


b0250907_22113342.jpg

[PR]

by vintage438 | 2012-08-15 20:31 | favorite  

誕生日


今日は娘の誕生日。

史上二番目の酷暑と言われた18年前の今日、生まれて来ました。

b0250907_141608.jpg


破水してからなかなか陣痛が来なくて2日間は陣痛促進剤(今では危険であまり使わないとか)を注射してもらって陣痛が起こるのを待っていました。
何人もの妊婦さんが叫び声を上げる陣痛室の隣で恐怖におののきながらも、あんな声だけは出したくないと心の中で思ってました。

いざ陣痛が起こると薬で起こる陣痛は自然に起こる陣痛と違い経験した事のないMAXの痛さ。
痛い中にもやはり理性が強かったのか、それとも痛さのあまり声が出なかったのか…外で待っていた母はあまりに静かなので私が死んだのではないかと真剣に思ったそう。

おまけに娘は産声をあげず、抱き上げる事もなく直ぐに集中治療室へ。

夕方主治医の先生から言われた言葉は今でも忘れられません。
“新生児仮死状態でしたので障害が出るかもしれません”

他の子と比べると少しのんびりしたスピードでしたがそれでも三年後には大丈夫ですと太鼓判をいただきました。

今の娘の元気な姿を見ているとその時の私に“大丈夫だよ”って言ってあげたい。

娘の誕生日を迎え、改めて周りの人に感謝の気持ちでいっぱいです。

これまで出会ったすべての人のおかげでここまで成長して来れたのだと思います。
娘だけでなく私も…

出会ったすべての人に感謝してます。
ありがとう…

そして娘に…
生まれてきてくれてありがとう…


b0250907_1416146.jpg

[PR]

by vintage438 | 2012-08-01 14:05 | 日々の記録