万年筆


元町にあるpen&messageに行ってきました。

関西では数少ない万年筆の聖地ともいえるお店です。

万年筆が好きになって初めてこのお店に行ったのは2008年。
クローズド・ノートの主人公が持っていた“ドルチェビータ”という素敵な名前の万年筆が見たかったから。。。

“ドルチェビータ”を見に行ったのに、なぜか購入してしまったのは“ペリカンのM1000”

b0250907_12231162.jpg


店主の吉宗さんが“これ、いいですよ”って出された大きなニブの黒の大きなペリカン。
試筆させていただくと、柔らかくて大きなペン先が筆の書き味に似ていて直感で決めてしまいました。万年筆で書くことには慣れてないけれど筆で書くのは慣れているので宛名書き用に。。。

b0250907_11125663.jpg


未だに宛名書きにしか使えない万年筆です。

店主の吉宗さんはとても実直そうなお人柄。
素敵な笑顔と優しい語り口で安心感を与えてくれます。
お店から感じる空気はとても温かくておひとりさまで行っても決して疎外感を感じません。

万年筆は買えないまでもインクや革小物、便箋、書物などが置いてあってゆっくりとした時間を過ごせます。

一度こちらで珈琲をいただきたいと思っているのですが、まだそこまでは勇気がでません。
それはいつかのお楽しみに。。。


“ドルチェビータ”

b0250907_1263419.jpg


イタリアの太陽を思わせるような鮮やかなオレンジが素敵です。

“LADY AGATHE”

b0250907_12135140.jpg


外観からLADYと呼ばれるにふさわしいエレガントな万年筆です。


この2本は私が万年筆を好きになったきっかけの万年筆でもあり、大事な方からいただいた大切な宝物なんです。
[PR]

by vintage438 | 2012-07-21 12:35 | 宝物 | Comments(4)  

Commented by わか at 2012-07-27 00:17 x
万年筆は書くだけの道具ではないですよねぇ(^-^)
自分は字が下手だけど、万年筆で書くと“味”が出てイイ感じです(笑)
Commented by vintage438 at 2012-07-28 14:49
wakaさん。
有難うございます。
たしかに万年筆で書くと他の筆記具で書く字よりも2割増しくらいに上手に見えますね。
男性は太字が好きな方が多いので、よりその人らしさが出ますね。
そう、たしかに万年筆は書くだけの筆記具ではありません。
書くだけの筆記具ならこんなに魅力を感じませんもの。。。
携帯して外観を眺めるだけで気持ちが華やぐ。。。
私にとってはその日の気分で合わせるアクセサリーの一部かもしれません。
Commented by わか at 2012-07-29 09:57 x
万年筆で書くと、その時の感情とかが字に表われたりしますよね。
丁寧に書いてあったり、なぐり書きだったり(^-^)
Commented by vintage438 at 2012-07-29 12:53
wakaさん。
それ、お習字の先生によく言われるんです。
その日の体調や気分は字に表れるって。。。
お弟子さんの中には、大変な悩みを抱えられてた方がいらっしゃって、やっぱり字には表れていたそうです。
私も今はネガティブな感情になっている時なのできっと字にもその感情が出てくるのかもしれませんね。

<< 阪急電車 とりあえず終了。。。 >>